▶English/French

 

passerelle =異なるものの架け橋・交流

国内外の演奏家と連携し、様々な国や人、文化の架け橋となる演奏会の企画・プロデュースを行っています。

passerelleは、原点に立ち戻り、良質を求めている聴衆が満足できる演奏会を提供しようと発足しました。ヨーロッパの歴史や文化の中で発展してきたクラシック音楽も時代と共に商業主義に流され、芸術の本質から離れてしまいました。 また日本においては、抽象的・文学的な言葉で知識を語るのがクラシック音楽の教養として広まりました。 本来教養とは単に知識のことではなく、本質や本物を洞察できる感性を持ち、それを知性に変化させるものです。設計書としての楽譜に演奏家が「美」を与え、その先に作曲家の創造性を感じるという「音楽を音楽として感じ、楽しむ」聴き方が一般的には定着して来なかった様です。
クラシック音楽の持つ力は、人の心や身体に良い作用を及ぼし、楽曲に込められた芸術家の哲学や想いは現代に生きるわたし達にも教養となり、また人生の道しるべとなります。良き芸術は守り、そして発展させていかなければなりません。 私たち日本人も、クラシック音楽の教養主義から進化する必要があるのではないでしょうか?音楽家や聴衆の皆様が一体となって、一緒に文化土壌を耕していきましょう。皆様と共に価値ある時間を共有できることを願っております。